新みやぎ模試 ご案内

新みやぎ模試の受験率は、
宮城県全体70.6%
仙台市76.3%

みんなが受けるから、
自分の現在地がわかる。


入試制度に合わせて、調査書点と学力点で志望校判定。

高校受験という目標に向かって、自分の道を歩けばそこが未来。地道な努力を結果につなげよう。みや模試は高校合格に「つながる」

みや模試は
入試に一番近い模試
であり続けます。

インターネットからのお申し込みはこちら
宮城県高校入試模擬テストなら「新みやぎ模試」宮城県内中学生受験率73.1%

テストの特徴

 なぜ新みやぎ模試が受験生と保護者から絶大な信頼を寄せられているのでしょうか? それは、新みやぎ模試の精度が高いから。

 新みやぎ模試は、40年以上という長い間、受験生の道しるべとして学力判定・志望校判定を行ってきました。宮城県内の中学3年生の70%以上が受験。圧倒的なこの数字が、新みやぎ模試の信頼性の高さを証明しています。

 新みやぎ模試では、膨大な量の入試結果データをもとに、高校ごとの合格基準を忠実に設定。さらに「最も宮城県の入試に近い模試」として質の高い問題を提供し続けるため、数年にわたる宮城県公立高校の入試問題を、徹底的に分析して模試を作っています。

 志望校の合格を勝ち取るためには、現時点での学力を正確に認識し、合格までの距離を知ることが何よりも大切です。できるだけ早い段階から新みやぎ模試を受験して、実力を把握できるように、中学1、2年生は8月・1月・3月に、受験勉強が追いこみに入る中学3年生は7月から2月まで、月に1度実施しております。

 模試を受けただけでは合格はできません。しかし、模試を受けることで自分の現在地を知り、できなかったところをクリアしていくことで必ず合格に近づきます。新みやぎ模試は、宮城県内のすべての受験生が歩む合格までの道のりを最後まで照らし続けます。

志望校判定&進学情報

県内最大受験の新みやぎ模試は、過去のデータに基づき信頼性の高いデータで志望校(最大4校)の合格可能性を判定します。そして2020年度からの新入試制度にもいち早く対応しました。公立高校に対し、M1・M2・M3のマルチ判定をいたします。M1はみや模試5教科合計点で判定。M2はみや模試得点と内申点(調査書点)を高校ごとの比重に合わせて判定。M3は各公立高校の定める 特色選抜の得点と内申点(調査書点)の割合を考慮して志望校の判定をいたします。
 テスト各号には、様々な進学情報資料《学ing(合格基準一覧・公立高校の推定相関図・入試の出題傾向など)》も付いてきます。また、中学3年生は、志望校ごとの受験者順位を毎回{みや模試速報}としてホームページに掲載します。

教科・受験料

学年 教科 受験料
中学3年・2年・1年 主要5教科
国語・数学・社会・英語(リスニングあり)・理科  全教科50分
受験料/1回
会場受験3,900円(税込)
自宅受験 2022年度特別価格4,900円(税込)
新中学1年 主要5教科
国語・数学・社会・英語(リスニングあり)・理科  全教科50分

個人成績票の特徴

POINT01

総合・全科目成績診断

テストの総合成績と受験者の宮城県総合順位、第一志望の志望校順位が分かる

今回のあなたの成績です。得点・偏差値・県標準平均点を各教科・3教科(国・数・英)・5教科について表示し、受験者順位も示します。
また、各教科得点と県平均点とを比較でき、偏差値グラフでは得意・不得意教科が一目で分かります。
表紙部分の成績結果には第一志望のM1判定と志望校順位を表示します。


POINT02

得点・偏差値の推移とレーダーチャート

成績の推移を各教科・3教科・5教科別に表示

推移グラフを確認することで成績の変化といまの実力が分かります。
一度だけ模試を受験するのではなく、早期から複数回受験することで、より確かなデータを得て、志望校選択の参考にしていただくことをお勧めします。
レーダーチャートでは、各教科のバランスを確認します。


POINT03

志望校診断

志望校(4校)の合格可能性が分かる(M1・M2・M3のマルチ判定)

M1 みや模試5教科合計点で判定(テストごとの成績推移などを把握でき、実力がはっきり分かる方式) 受験者全体の平均点と標準偏差(データのばらつきを表す量)、あなたの得点から導きだされた偏差値をもとに、第1 志望から第4志望まで診断。棒グラフで合格可能性を表示し、「S・A・B・C・D」の5段階で判定。また、今回の成績からみた志望校に対するアドバイスをします。 前年合格分布グラフの上にあなたの位置を▼で示し、今回合格基準得点は、合格可能性60%に達する得点を表示。さらに合格圏の判定(S・A・B)まであと何点必要かも表示します。データ量が豊富で県内最大受験の新みやぎ模試ならではの、学力からみた高精度志望校診断です。

M2 みや模試得点と内申点(調査書点)を高校ごとの比重に合わせて判定。相関図にあなたの位置を示します。共通選抜に対応。新みやぎ模試では、毎年 受験生の皆さんに追跡アンケートを行います。そこで得られた実際の公立入試結果を集計し、相関図グラフに調査書点と偏差値の座標を表します。M2判定はテストの得点に調査書点を加味して計算した偏差値で判定を出します。おなじみの、みや模試公式キャラクター モシモシどりが、グラフ上にあなたの位置を示します。

M3 各公立高校の定める 特色選抜の得点と内申点(調査書点)の割合を考慮して志望校判定 各高校の配点にあわせて得点を計算し、偏差値に換算。共通選抜と基準が大きく異なる時にとても有効です。


POINT04

学力からみた志望校ガイド

学力と通学圏から見た受験適正校が分かる

今回のあなたの成績と通学可能な範囲という 2つの条件に合った高校を、 3段階の合格可能性レベルに分けてリストアップしたものです。
そこから気になる高校について調べてみるとよいでしょう。
意外と自分にぴったりの高校が見つかるかも。ぜひ活用してください。


POINT05

デジタル採点答案

各教科の領域別到達度が分かる

各領域の分析において受験者の平均的達成状況と自分の達成度を比較できます。
また、達成度による学習アドバイスも記載します。


POINT06

設問ごとの分析

答案は設問ごとに画像化してパソコン上で採点

採点のため設問ごとに画像を分割。採点終了後、5教科をまとめてデジタル答案を作成。
教科ごとにページ分けされ、設問ごとの正答率・領域別分析・学習アドバイスも同時に確認できます。


POINT07

領域別分析

設問ごとの正答率と正誤を表示

受験者の正答率の高い順に並べ直し、設問内容や該当の領域も表示。あなたの弱点が分かります。

2022年度日程表

2022年度日程表はこちら

2022年度パンフレット

2022年度パンフレットはこちら

お問い合わせ・お申込みはこちら

ページTOPへ戻る